8-4.キッチン周り

 キッチンの正面または背面に小窓があると気持ちよい(収納場所が減るが)。
 二重窓の間にブラインドを入れると採光が自由になる。
 最近では、ブラインド入りの一体型二重透明ガラスサッシが出ている(結構ごついが)。これは風呂の窓などに用いると、窓の開放が出来るだけでなく、締めたままでも外を見たければブラインドを揚げるか羽根を平らにすればよい(風呂場に用いると時間が経つと湯気で曇るが)。
 キッチンのカウンター方式はコミュニケーションが良く、モダンであり、食堂やリビングからの景観がすっきりする(流しに洗い物が貯まった状態が見えない)のでお勧めであるが面積をやや多く取る。またキチンと食堂との間に段差を設けない方が使いやすい。更にキチンの臭いが居間に流れ込まないように換気扇を忘れずに。

 カウンターに繋げて居間側にテーブルを設ける時は大きな物を付けること。さもないと狭いテーブルで食事をすることになり味気ない。向こう側にサービスをしてくれる人が居てこそカウンターであり、その時に限り狭くてもよいのである。
 料理の好きな人はキチンを余り狭く作らないこと。自前の料理は安くつくし、みんなで料理するのは楽しい。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.01