05.環境、サービスの確認

 景観は好みにより海、湖、山、森、林、高原、草原、池、川、田園、畑などが見える土地を選ぶことになるが、樹木の種類で景観はかなり変わる。好みによるが、雑木林が最も美しいと言われる。
 人によっては現在生えている落葉松を全て切り倒し、雑木を植え直している人が居るが、雑木が景観を呈するまでには最低でも20年を要する。

 一本の公道で、登るに従って一般住宅地から何となく別荘地に変わっていく所もある。住宅地付近は畑などが隣接しているところが多く、生活臭が有る場合がある。

 別荘地の維持、管理に必要なサービスがどれだけ得られるかを調べておく必要がある。見回り、道路の樹木整枝(電力会社がやってくれるケースが多い)と道路脇の草刈り等の整備、舗装の整備、雪かき、ゴミ収集、汲み取り、LPGの供給、灯油の給油、水道工事屋などのサービスの良さは重要なファクターである。また必要なときにサービスを得るため、街までの距離(車で10~30分ならまずまず)も大切である。標高が高い所ほどサービスを受け難くなりがちである。降雪の時はなおさらである。その他、病院、獣医、スーパー、コンビニ、ホームセンター、レストラン、温泉浴場までの距離も案外重要である。

 山岳地では、積雪がなく舗装されているとして標高差100メートルにつき車で2~3分掛かると見ればよい。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.01