3-3.気候

 その地域の雨量、晴天数、日照時間、気温、湿度、積雪量等に注意して選択する必要がある。町/村役場などに行けば教えてくれる。ただし、スキーに関しては、最近では人工雪が普通になっているので、必ずしも積雪量の多い地域である必要はない。しかし雄大なスケールのスキー場を希望するなら積雪量の多い地方を選ぶことになる。

 軽井沢、富士五湖周辺は一般にやや湿気が多い。庭に苔が沢山生えているところは湿気が多いところである。八ヶ岳周辺では日本海からの雪は北アルプスなどで落ちてしまうため、寒いが積雪量は少なく、比較的乾燥している。別荘地に関しては、森林地帯は概して湿気が多い。しかし周りの木を伐採すれば、湿度は大きく変わる。つまり湿気の多い地域と森林による湿気とは別である。同じ地域でも山と谷筋でもかなり異なる。谷筋は木を切っても湿気がある。

 標高が同じなら、夏の温度が低いのは軽井沢である。それが別荘地として古くから利用されている理由である。軽井沢は、長野県で最も涼しく且つ寒い処である。佐久市や長野市に比べて何時も1~2度低いような気がする。

カテゴリ

Powered by Movable Type 4.01